copyright-jp > COLUMN | 

COLUMN-copyright-jp

コピペチェックツール


無料ツール

CopyContentDetector
https://ccd.cloud/

CopyContentDetectorは無料のコピペチェックツールです。
コピーチェックしたい文章を【文章を登録】に貼り付けて[チェックする]ボタンを押す簡単な操作。
コピーチェック実行回数制限はありませんが、一回のチェックで行える文字数に制限があり、制限文字数が大きい有料プランもあります。

コピペチェックツール こぴらん
https://copyrun.net/
無料で使える簡易コピペチェックツール「こぴらん」は、フォームに文章をコピペしてチェックをかけるだけで、文章を自動的に文に分解し、その文が他サイトやブログ等で使用されていないかどうかをチェックできます。

有料ツール

コピペチェックツール「コピペリン」
http://saku-tools.info/copyperin/it/
チェックしたい対象ファイルを選択し、自動で分節ごとに対象ファイルの文章を区切るなどして、ウェブ上のコンテンツからコピペの有無を判定。

剽窃チェッカー
http://plagiarism.strud.net/
入力を文(節)単位で区切り、ウェブ上に同一の文字列がないかをチェックします。
チェックした結果は、Yahoo! Japanの検索結果、リアルタイム検索、Google Booksへのリンクとして生成します。

コピペルナー
http://www.ank.co.jp/works/products/copypelna/
コピペルナーは、コピペ判定支援ソフトです。
レポートや論文などの文書ファイルと、インターネット上や「J-STAGE」上の文章、また文献集や過去レポートなどの文書ファイルとのコピペチェックが可能です。

類似サイトチェックツール

重複コンテンツ・ミラーサイト・類似ページ判定ツール sujiko.jp
http://sujiko.jp/
比較する2つのウェブサイトそれぞれのURLを入力し、類似度を判定。


著作権セミナー(東京)コンテンツビジネスにおける著作権の基礎


著作権セミナー コンテンツビジネスにおける著作権の基礎
~コンテンツの知財保護実務のイロハ~

著作権は、論文は書籍、ウェブサイトのコンテンツ等を執筆、編集する際に身に着けておくべき知識です。
しかし著作権法を見ると、複製権、公衆送信権、翻案権等の権利の束で構成され、著作者人格権や著作隣接権など、複雑な権利構成です。

今回ご紹介するセミナーは、主としてコンテンツ制作事業者向けの内容です。
著作権の基礎、デジタルコンテンツビジネスにおけるコンテンツの知財保護、契約、中国におけるコンテンツ保護などについて、判例を交えて解説します。

開催日時
2020年3月6日(金) 午後2時~5時

会場
(公財)東京都中小企業振興公社 3階第1会議室
(東京都千代田区神田佐久間町1-9 産業労働局秋葉原庁舎)
地図 秋葉原駅より徒歩1分

内容
コンテンツの知財戦略
著作権の概要
コンテンツの知財保護(商標、意匠、不正競争防止法)
著作権契約のポイント
中国におけるコンテンツ保護
〇関連判例等

講師
東京都知的財産総合センター 知財戦略アドバイザー 金木 健二

対象
都内中小企業の方(注1)、都内個人事業主の方で、コンテンツ制作に従事し、自社コンテンツの保護に関心がある方

定員 60名

費用 無料

申し込み・問い合わせ先
東京都知的財産総合センター【担当:セミナー担当】
https://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/seminar/2019/200306contents.html


特許文献の番号等


特許文献の番号等の記載については、SIST 02: 2007. 参照文献の書き方では下記の通りとされています。


4.3.9 特許文献の番号等
(1) 特許文献の番号は国名及び特許種別(特許,実用新案等の別,出願,公開,特許の別)を付して記述する。これらの要素は,資料に記載されているとおりに記述することを原則とするが,慣例に従って略記,省略してもよい。

例1. U. S. Patent 4,184,697
例2. US 4184697
例3. WO 2004002959

 (2) 日本の特許を欧文論文において参照する場合は,(1)にならう。日本の特許を和文論文におい
て参照する場合は,国名の記述は省略してもよい。

例1. JP 2003-131343
例2. 特開2003-131343
例3. 特公平03-002540

 4.3.10 公開特許公報等の発行日付
(1) 公開特許公報等の発行日付は,当該公報の発行日を記述する。発行日の月日は省略してもよい。
(2) 年は4桁の西暦紀年で,月日もそれぞれ2桁の数字で表示する。」*1


*1 出典:「SIST 科学技術情報流通技術基準 参照文献の書き方 S I S T 0 2 - 2007」科学技術振興機構(JST)
https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST02-2007.pdf(PDF)
© 2007 JST(科学技術推進機構)


商標文献の番号等


特許文献が文章や図面で説明する技術的文献であるのに対し、商標登録出願は、商標と、指定商品・指定役務のほかは書誌的記載があるだけの文献となります。
したがって特に「SIST 科学技術情報流通技術基準」においては記載がありません。

また商標登録の手続きの流れとしては、出願後に公開はされるものの、その特定には出願番号、登録番号の記載があれば足ります。

商願2005-012345
商標登録第5012345号


* 参考 「商標登録.com」
https://shohyo-toroku.com/


SIST事業は2011年度末に終了いたしました


科学技術振興機構(JST)は、2011年12月21日付けで、「SIST(科学技術情報流通技術基準)事業の終了について」という文書にて、2011年度末をもって当事業の終了を公表しました。

公表された文書によれば、「科学技術情報の全国的流通システム(NIST)」構想に始まるSISTの制定・普及活動は、1973 年(昭和48 年)に開始されました。
SIST では、主に国際標準であるISO 規格をもとに国内基準を制定し紙媒体の学術雑誌と論文の流通に必要とされる一通りの基準の制定を終えました。
また、紙媒体から電子ジャーナルへという近年の動向に対応する改訂も、多くの協力者の作業を経て、公表されました
学術雑誌・論文についての基準(SIST 07 / SIST 08)についての2010 年3 月の改訂を区切りとし、2012 年3 月で本事業は終了となりました。

SIST 事業の成果物は、下記のSIST ウェブサイトにおいて、Q&A なども拡充し、公開は継続されています。

SIST(科学技術情報流通技術基準)
独立行政法人科学技術振興機構
https://jipsti.jst.go.jp/sist/


SISTセミナー 「効率的な情報流通のための学術雑誌・論文の作成」


1SISTセミナー:効率的な情報流通のための学術雑誌・論文の作成

2012年03月09日(金)
大阪府大阪市 / 大阪科学技術センター

2012年03月13日(火)
東京都千代田区 / JST東京本部B1F JSTホール


SISTセミナー 「効率的な情報流通のための学術雑誌・論文の作成」


SISTとはJSTが普及を促進している「科学技術情報流通技術基準」です。
2010年11月24日(水)、神奈川県横浜市 / パシフィコ横浜 会議センターにて開催されました。

2011年のSISTセミナーは、「効率的な情報流通のための学術雑誌・論文の作成」と題して、京都(3月11日)にて開催されました。
しかしながら、東日本大震災の発生により、東京(3月14日)では中止となりました。

論文執筆、情報リテラシー教育、論文誌・学協会誌・技報・紀要等の編集・作成、図書館・企業等の情報管理等の業務に携わっておられる方向けの、論文作成のためのセミナーとなりましたが、震災によりこのような結果となりました。


SISTセミナー2009: 参考文献の書き方


科学技術振興機構(JST)は、2009年2月に京都、3月に東京で開催するセミナー「SISTセミナー 2009: 参考文献の書き方」を開催しました。

JSTは、科学技術情報流通技術基準(SIST:Standards for Information of Science and Technology;シスト)の制定とその普及を推進しており、その普及の一環として毎年、説明会を実施しています。

2009年は、京都(2月20日)と東京(3月10日)で開催し、「SISTセミナー 2009:参考文献の書き方」と題して、大学図書館における実践的情報リテラシー教育と、「参考文献の書き方」に関する基準(SIST 02)をテーマにしたセミナーとなりました。

また、SISTについてのアンケートも開始し、2009年3月16日まで回答を受け付けました。


第11回図書館総合展


「SISTセミナー:学術雑誌・論文の作成基準を考える」

会期:2009年11月12日(木)
横浜 第11回図書館総合展 フォーラム第6会場
(パフィシコ横浜 アネックスホールF206)


SIST(科学技術情報流通技術基準)セミナー


今回は、記録管理における標準化についての特別講演と、SISTの活用例を紹介する2件の講演があります。 
SISTの活用例は、最も活用されている「参考文献の書き方:SIST02」と「学術雑誌の構成とその要素:SIST07」を取り上げています。
主催:(独)科学技術振興機構

東京会場:
日時:2月19日(火)14:00-17:00
会場:(独)科学技術振興機構 東京本部 地下1階 JSTホール
定員:100名

大阪会場:
日時:2月22日(金)14:00-17:00
会場:大阪科学技術センター 4階404号室
定員:50名



ccopyright-jp

Copyright copyright-jp All Rights Reserved