copyright-jp > COLUMN

COLUMN-copyright-jp

【2022年】google検索品質評価ガイドライン【新旧対照:日本語訳】YMYLトピック、低品質ページ、E-A-Tの欠如、事例についての2022/7/28改訂-2022年07月31日

googleのページ品質評価ガイドラインが、2022年7月28日に改訂されました。 YMYLについてのガイドラインが、下記のように改訂されました。 翻訳をしましたので、主要な改訂について、新旧対照を掲載いたします。 なお、改訂後の全文(一部の例と、品質評価作業の説明ほか重要でない部分は省略しています)は、別サイトの下記に掲載しています。 【2022年】google品質評価ガイドライン(General Guidelines July 28, 2022)【日本語翻訳】  原文 General Guidelines July 28, 2022 [PDF]  改訂後のガイドライン 2.3 YourMo...

「【2022年】google検索品質評価ガイドライン【新旧対照:日本語訳】YMYLトピック、低品質ページ、E-A-Tの欠如、事例についての2022/7/28改訂」を読む

アプリ制作のツール・環境(2021年3月)-2021年03月05日

DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展や、スマートフォンが欠かせない生活様式の変化、リモートワークやクラウドなどのビジネス様式の進化によって、アプリがますます身近なツールとなりました。 ちょっとしたアプリの活用から、本格的なビジネス管理、店舗管理、ウェブサイト運営のための基幹的なシステムまで、さまざまなアプリが開発されています。 プログラミング学習の普及や、アプリ開発を助けるツールなどを使うことによって、ちょっとしたアプリやゲームなどを、プログラミング言語の専門家以外が制作してみる環境が整えられつつあります。 アプリ制作のツール アプリ制作のツールとしては、たとえば、複数のテンプレート...

「アプリ制作のツール・環境(2021年3月)」を読む

著作権セミナー(東京)コンテンツビジネスにおける著作権の基礎-2020年01月27日

著作権セミナー コンテンツビジネスにおける著作権の基礎 ~コンテンツの知財保護実務のイロハ~ 著作権は、論文は書籍、ウェブサイトのコンテンツ等を執筆、編集する際に身につけておくべき知識です。 しかし著作権法を見ると、複製権、公衆送信権、翻案権等の権利の束で構成され、著作者人格権や著作隣接権など、複雑な権利構成です。 今回ご紹介するセミナーは、主としてコンテンツ制作事業者向けの内容です。 著作権の基礎、デジタルコンテンツビジネスにおけるコンテンツの知財保護、契約、中国におけるコンテンツ保護などについて、判例を交えて解説します。 開催日時 2020年3月6日(金) 午後2時~5時 会場 (公財)東...

「著作権セミナー(東京)コンテンツビジネスにおける著作権の基礎」を読む

商標文献の番号等-2019年09月11日

特許文献が文章や図面で説明する技術的文献であるのに対し、商標登録出願は、商標と、指定商品・指定役務のほかは書誌的記載があるだけの文献となります。 したがって特に「SIST 科学技術情報流通技術基準」においては記載がありません。 また商標登録の手続きの流れとしては、出願後に公開はされるものの、その特定には出願番号、登録番号の記載があれば足ります。 商願2005-012345 商標登録第5012345号 * 参考 「商標登録.com」 https://shohyo-toroku.com/ ...

「商標文献の番号等」を読む

お知らせ-2015年01月25日

SIST(科学技術情報流通技術基準)事業は2011年度末に終了し、ウェブサイトは現在、公開は終了しています。 当サイトは、独立行政法人科学技術振興機構とは関係がありません。 国立国会図書館において、SIST(科学技術情報流通技術基準)事業のウェブサイトのコンテンツが保存され、公開されています。 SIST(科学技術情報流通技術基準)(国立国会図書館 保存) https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/12003258/jipsti.jst.go.jp/sist/index.html SIST事業について 科学技術振興機構(JST)は、2011年12月21日付けで...

「お知らせ」を読む


copyright-jp

Copyright copyright-jp All Rights Reserved